読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食糧人類保管庫:食糧人類-Starving Anonymous-ネタバレまとめ

食糧人類-Starving Anonymous-のネタバレ。感想・無料お試しご紹介いたします

食糧人類 2巻収録内容ネタバレ 施設の名前は「ゆりかご」 あるルポライターの供述

f:id:lightning-san:20161016000616j:plain

食糧人類-Starving Anonymous-

著者・作者:蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾

 

週末の世界で人類の存亡をかけた陰謀に巻き込まれる主人公・伊江は

人類が食糧にされている驚愕の事実を知ることとなる

ここは一体どこなのか?この地獄から、脱出する術はあるのか?

『アポカリプスの砦』のコンビが挑む、人類生存を賭けた“食物連鎖”パニック!

 

食糧人類-Starving Anonymous-

スマホで安全に無料読みする方法は

こちらの記事で紹介しています

>>食糧人類を無料で読む方法は?<<

※「しょくりょう」とひらがなで検索してください

 

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

    あるルポライターの供述

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


初めて目にするその施設は
あたかも生まれてきたのを
後悔して泣いているかのように見えた

 

 

ルポライターとして身を立手たいと思って潜入した若者が見たものは、想像すらできないものでした

 

 


高レベル放射性廃棄物最終処理場
「ゆりかご」

 

 


建設には向かいない土地へ
急遽建設され、あっさりと完成

 


この施設には建設から、運営まで様々な噂があった

 


「従業員が消える」
「妙な生き物がいる」

 

 

高レベル放射性物質廃棄物を地中深くに埋める施設の為、恒常的に掘削作業が必要で、常に求人がある。

 


だからやすやすと、潜り込めた。

 


果たして
鬼が出るか
蛇が出るか
乞うご期待

 

 

しかし、出迎えたのは、不自然なほどの歓迎会

 


本物のビール
寿司、カニ

 


この施設への求人に応募したものの中には、ブラック企業にいて、つぶれるまで働かされている者もいた

 


酒の入った者の一人が「ここも同じなのか」そう言うと

 


この施設では、残業もパワハラもない
「会社も従業員も家族と考える」

 


まるで芝居のような美辞麗句が飛び交う異常なムードだった。

 


そして、その意味はすぐに分かるようになる…

 

 

とりあえず

コレ解体してもらうから

 

 

人間の…しかも冷凍された死体


安置とかではなく、無造作にただの死体を凍らされただけ。


しかもこれを解体する。


こんな仕事をさせられるとは、想像できなかった。

 


当然、人間には、自分の知っていること以上の想像なんてできようもない

 


そして、これは後から知ることに比べれば

取るに足らないことだと思い知らされた。

 

 

 

食糧人類-Starving Anonymous-

スマホで安全に無料読みする方法は

こちらのサイトと記事で紹介しています

>>おすすめ無料お試しサイト<<

?※「しょくりょう」とひらがなで検索してください

>>食糧人類を無料で読む方法は?<<